金輸入への課税強化

政府は貿易赤字への対策として、金に対する輸入関税を7.5%から12.5%へと増加させます。
これにより、4月25日以来の最高額となり、10g あたり 52,000ルピーとなったそうです。
金融大臣は「金は価格弾力性のない商品であり、輸入を諦めてもらうか、
それでも輸入したければ税金をもっと払ってもらいたい」とコメントしています。

インドは輸入の急増により、5月は233億米ドルの貿易赤字となり、
特に金の輸入が、昨年の9倍程度、6.8億米ドルから60億米ドルへと
大幅に急増したことがその大きな原因となっています。
こうした事態を受けて、政府は金の輸入に対する関税をかけることで、
貿易赤字を抑えようとしたものです。
インド人は、伝統的に金の装飾品を財産として保有することが多く、
やはりインフレに強いことや、災害や紛争でも持ち歩けることが一番の理由で、
保険のように、習慣的に金を買って持っています。
自国の通貨はもとより、他国の通貨や株などの資産は
いつどうなるかわからないという意識もあり、
(現金封鎖とか、通貨の国外取引禁止なども起こりかねないですから。)
貯蓄ならぬ貯金(文字通り!)をするようですが、
金は国内では算出されませんから、どうしても輸入が多くなるわけです。
金だけでなく、高価な宝石も同様に購入されていることもあり、
金や宝石の取引と言えば、インド人が世界的に活躍している分野にもなっています。

コロナの影響で国外への移動が難しくなったことが、間接的に
密輸の減少につながっていましたが、この課税強化により、
インド人の金を蓄財として保有するという習慣に変化がなければ、
密輸が増加するのではないか、と懸念されています。
元々、金は課税されていませんでしたが、
現モディ政権前のUPA政権(インド国民会議を中心とした連合政権)が
輸入を抑えるために課税が始まり、現政権でも継続しています。
それにしても、金だけで、1ヶ月60億米ドルの輸入ですか、
インド人の金好きにもビックリ!ですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。